お肌のために全力な生活

・えりさん(25歳女性)の投稿です。

私はもともと肌が敏感肌なので、顔が赤く吹き出物はあって当然、毛穴や乾燥が目立つような肌でした。

なので、お肌のことを第一に考えた生活をするようになりました。

具体的には、ジャンクフードや外食、コンビニ食メインだったのを有機野菜の宅配を利用して、1日1食は必ず手作りするようになりました。

スーパーの野菜でも良いのですが、調べていくと農薬の量がすごいという事実が判明しました。

肌のためとはいえ、健康を無視して美しさは手に入らないという持論なので野菜の質にこだわっています。

添加物などにも気をつけて、調味料にもこだわるようになりました。

そうなると、自然と和食が中心になるということも実感しています。

もともと甘いものが大好物なので、なかなかチョコやアイスはやめられませんが、そんな時は我慢せず食べたり、ドライフルーツやココナッツオイルを舐めたりしています。

また、お水をたっぷり飲んで、内側からの水分量を意識しています。

外からのケアとしては、ニキビ専門の信頼できる人に相談しながら、保湿を丁寧に行っています。

ガーゼにたっぷりの化粧水を含ませて、パッティングを3分間行い、その上に保湿剤を何度も重ねて塗り、乾燥させないように気をつけています。

このケアは、ものすごくべたつき感を感じるのですが、それを行うことによってだんだんとお肌の赤みが引いてきているのを感じます。

約10年間の赤ら顔とおさらばできたのは、ここまで徹底した保湿のおかげとしか言いようがありません。

保湿というのは、ただクリームを塗れば良いのではなく、顔がクリームでてっかてかになるほどと考えた方が良いです。

ここまで保湿が重要なのは、効果を実感した人にしか分かりません。

なので、私は他の出費を抑えてでもスキンケア代にお金を使っています。

このおかげで、ファンデーションも薄くなりましたし、お肌のトーンも明るくなりました。

お肌が綺麗になると、メイクも楽しくなるし人と会うのも余計なことを気にせず楽しめるようになるので、男女関係なくお肌に気をつかうのはとてもハッピーになる選択だと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ