膝から下をほぐす健康法

・friendship2013さん(34歳男性)の投稿です。

あくまで個人的に行っている健康法です。
何となく体のいろいろな所がこっている、体が重いなど理由は分からないけれども体調が良くないことがあります。
だからといって病院に行くまでもない、というときに日頃から行っていることです。
なんとなく体調が悪い、ということは血液などの体液の循環が滞ってしまっていることが考えられます。
昨今様々なところでリフレクソロジーという言葉を見聞きします。
本格的に誰かに足を揉んでいただくことも良いですが、自分で行えることもあるのです。
その一つとして膝から下の部分をしっかりとほぐすことです。
足はよく「第二の心臓」ともいわれています。
心臓から送り出された血液は全身をゆき巡り、心臓に戻ってきて循環されていくわけです。
しかし体の下の方、特に足に関しては重力の影響を受けているために、重力に逆らって上へ上へと血液を上げていかなければなりません。
人間の体は精巧な造りになっているので、そのことは可能ですが、デスクワークが多かったり同じ姿勢を繰り返していると循環が滞ってしまうのです。
ですから、膝の裏側を含めてふくらはぎ、さらに足の裏から足の甲にいたるまで全体的に自分でほぐすようにしています。
そうすることで足の方にたまっている血液や老廃物を流すことができるからです。
呼吸を整えながらゆっくりとほぐしていくと、最初は触るだけで痛みや不快感があった場所が、だんだんと気持ち良くなり、最後には何も感じなくなっていきます。
そして立ってみるとびっくりすることに足が軽くなっているのです。
そしてその後はトイレが近くなります。
これは滞っていた血液などがスムーズに流れ出すことによって、体の中の余分な水分などが排出されて調整されるからでしょう。
寝る前やゆっくりと音楽を聴いているとき、お風呂に入った後、テレビを見ながらなど、いつでもどこでもおこなう事ができます。
膝から下の部分をしっかりとほぐすことによって、何となく体調が悪い状態から抜け出すことができています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ