口内炎に悩んでいますが…

・acchanさん(58歳女性)の投稿です。

私は現在口内炎に悩んでいます。いつもは口の内側の粘膜のところにできて痛いのですが、今回は舌にできるのです。

最初は、とがった歯が舌に当たって口内炎になったのだと思い、歯科に行って、歯を削っていただきました。そうすると、その患部はすぐに治ったのですが、1週間ほどしてまたでき、それを我慢していると、また違うところが痛くなったりしました。患部は白くなったり赤くなったりしています。

口内炎はときどきできるものだと思います。こんなに続くのは何かおかしいと思い、考えてみたところ、薬の副作用ではないかと思いつきました。私は現在うつ病を患っており、心療内科で薬を処方していただいているのですが、その薬の副作用としてまれに重篤な皮膚疾患があるとのこと。そして発疹などはかなりの頻度で起こるということでした。口内炎も粘膜の炎症ですから、皮膚疾患ではないかと思い、心療内科の先生に相談してみたところ、そうかもしれないということでした。でも、今その薬をやめると、うつのほうがよけいに悪くなるかもしれないので、口内炎の様子を見ながら投与してもらっています。塗り薬として、アフタゾロン軟膏をいただいており、毎日就寝前に塗っています。

でも、軟膏ばかりに頼るのもよくないと思い、自分で口内炎を軽くする方法はないか、少し調べてみました。まずは、口の中を清潔に保つために、うがいを励行しています。そして患部にしみるような刺激のある食品や、あまりに熱いものは避けるようにしています。

食べ物として口内炎によいのが大根とのこと。大根の辛味成分が口の中を殺菌してくれるそうです。大根は今がちょうど旬で、家の畑でも採れるようになってきました。スーパーなどで買うのではなく、家で採れるということはそれだけ新鮮なわけですから、体にもよいと思います。いまは毎日すりおろして、口の中をそうじするような感じて食べています。すりおろしたときに出るお汁も利用し、それで口のなかをゆすぐとさわやかな感じで、患部もとても気持ちがいいです。

大根は口内の消毒殺菌だけではなく、食べ物の消化を助けて胃腸を整えるなどさまざまな効用があるので、冬にはたくさん食べたいものですね。

おすすめ情報サイト

  • 口内炎の治し方!痛い口内炎を即効で完治させる10個のケア:Healthy Lifestyle

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ