レモンで美味しく美しく!

・まゆみさん(25歳女性)の投稿です。

美容と健康の為に取り入れている食材があります。
それはレモン!

唐揚げにかけたり、ドレッシングに少し加えたり、
付け合わせにはなるけれど料理の主役にはならないレモン。
しかしレモンにはたくさんの栄養素が含まれています。

ビタミンC→美肌効果
ペクチン→腸内環境を整える
カリウム→体の老廃物の排出をサポート
リモネン→脂肪を分解する
リミノイド→体の中でがん細胞が増殖するのを防ぐ
ポリフェノール→老化防止
クエン酸→ダイエット効果の促進や冷え性の緩和

などなどたくさんの栄養素がレモンには含まれています。

レモンをよく摂取するイタリア人は他国に比べて肥満の人数が少ないというデータもあるようです。

またレモンのさわやかな香りは癒し効果や気分をリセットする効果があるとも言われています。

さて、そんなレモンについて、

健康面で言えば、レモンに含まれるクエン酸が腎臓を刺激し、体の中の余分な水分を排出し、老廃物や毒素も排出させるため、ダイエット効果が期待できます。
また、クエン酸はカルシウムと結びつく事によって骨を強くする効果もあります。

美容面では、肌荒れの箇所にレモンの果汁をつけるとよいとされています。レモンは殺菌効果が強く肌の上を殺菌して清潔に保つ力があります。また皮膚を強くする作用もあるとされ、爪に塗ると爪を強くしてくれます。
そして肌の黒ずみを緩和させる効果もあるというのです!レモンを切って、気になる場所にこすりつけると良いそう。

〈レモンの食事での取り入れ方〉

かといってレモンを多量に摂取するのは難しい。
私が取り入れている食事でのレモンの使用方法を紹介します。

1、ホットレモン
カップにお湯を注ぎ、レモン1個分の果汁を絞り入れ、レモンすらいすを入れる。
食後や寝る前に飲むと気分も落ち着きます。

2、塩レモン
昨今人気の塩レモンは保存が効くので便利です。
熱消毒した瓶に、レモンと塩を交互にいれ冷蔵庫で保存します。
チキンや白身魚に添えて召し上がれ。


たくさんの効果があるレモン、ぜひ取り入れてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ